2017年02月19日

乾燥肌 かゆみの原因

乾燥肌 かゆみの原因の一つに
肌バリア機能の低下があります。


肌の角質層は本来、外部の刺激から肌を守る
バリア機能の働きがあるのですが、
肌バリア機能が低下すると角質層に隙間ができます。
その隙間にアレルゲンや紫外線が浸透しやすくなり
敏感になってしまって肌トラブルを引き起こします。


肌が敏感になっている時は
衣類のザラザラやチクチクが気になって
かいたり触ったりしてしまいませんか?


すると肌が赤くなったり
湿疹ができたり、引っかき傷ができたり・・・
どんどんと悪循環に陥りませんか?


健やかな肌つくりのためには
肌に十分な潤いを届けて保持して
バリア機能を向上させる事が大切です。


どうやってバリア機能を向上させるの?
rain1.png


肌のバリア機能向上のサポートをするのが
「みんなの肌潤糖」。

C_j0t_D2w1cxDbt1369897863_1369897984.png

なんと成分の80%が砂糖でできています。
てんな糖と言われるサトウダイコンからできています。

サトウダイコン.png


砂糖は高浸透力(自然に溶け込み、なじんでいく力)
吸収・保湿力(水分を取り込んで外に逃さない力)に
優れていて肌の奥、つまり角質層にまで潤いを届けてれます。

eynKHEDa9tNIlN51369897768_1369897781.jpg


残りの20%の成分は植物性オイルでできています。
オイルは肌へのクッション効果と浸透を均一にさせる効果があります。
なんと全成分、植物由来でできています。
赤ちゃんも使えるので万が一、口に入っても大丈夫。
(※でも食用に加工されていないので食べてはダメです)


seibunn.png


私の個人的感覚ですが
砂糖が肌の角質層に浸透して潤いを与え
オイルは潤いを逃げないようにフタの役割を果たしているような感覚があります。

seibunn.png


肌潤糖を使用後の肌は肌の内側は砂糖の保湿力で潤いを含んでもっちり。
肌表面はオイルがフタの役割をしてしっとりと潤っています。


肌潤糖の使い方はこちらのページです。





乾燥肌 かゆみ.biz

posted by mihasi at 00:00| 保湿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。